「けやき接骨院」で痛みを根本改善へ

坐骨神経痛

 

コロナバナー

 

このようなお悩みは
\ありませんか?/

  • 病院でレントゲンを撮って坐骨神経痛と言われ飲み薬で我慢してる
  • 歩きたいけど、しびれが出てくるのが嫌で、歩くのをやめている
  • ももの外側から、ふくらはぎの外側、足首にかけて、鈍痛がある
  • 足の裏が、いつも何かを踏んでいるような感覚がある
  • テレワークが続いていて、最近になって、左の足にしびれがでてきた
  • 坐骨神経痛を電気治療やマッサージで治しているが、思うように改善しない
  • 座っていると何でもないが、立ち上がるとすぐに足の指先がしびれてくる

改善バナー

 

 

お喜びのお声
いくつかご覧ください

 

「坐骨神経痛が改善!毎日歩いています!」

最初は孫のけがの治療の付き添いで、けやき接骨院にお世話になりました。孫は、良くなったのですが、今度は私が坐骨神経痛で右のふくらはぎにしびれが出てきてしまいました。手塚先生にお世話になることにして、診てもらったところ、体のバランス、軸が傾いていることが原因ですと説明を受けました。治療、家でできる体操、そして歩くことをしました。今では、すっかり痛み、しびれがなくなり、毎日、健康のためにと一生懸命歩いています。快適に生活できるのも、手塚先生のおかげです。

(さいたま市北区 清水様)

※効果には個人差があります

「今では坐骨神経痛を気にせず飛んで歩いてます!」

大きい病院では、背骨が変形していて神経を圧迫していて坐骨神経痛と言われました。しびれ止め、痛み止め、胃薬を出してもらい飲み続けましたが、一向に改善しませんでした。自宅近くの整形外科に行くようになり、電気治療とウォーターベッドでリハビリしましたが、ここでも改善しないどころか、ますます痛みやしびれが強くなってきました。こちらにお世話になり、今までとは違う治療方針と治療結果に驚いています。今でもお世話になっています。治療した後に、おいしいものを食べに行くのが楽しみで、痛みを気にせずに飛び回っています。これからもよろしくお願いしますね!先生!

(さいたま市西区 T様)

※効果には個人差があります

 

 

医師・専門家推薦バナー

 

 

医学誌バナー

 

 

当院の施術方針について

スタッフ

痛みやしびれでお悩みの方はいろんな思いがあると思います。

当院ではその思いや不安・疑問などに徹底的に向き合いお話をします。なんでもため込まずにおっしゃってください。

また、精密な検査も行い本当の原因を見つけ出し、その方に本当に合った、施術のご提案をさせて頂きます。

もし、病院や整骨院・他院に行って良くならないのならば、本当の原因にアプローチできていないからです。

当院で本当の原因をみつけ、あなたに合った最高の施術を受けてみませんか?

事実、当院ではどこに行っても良くならない、長年症状で悩んでいる方も多く来院され、根本改善されています。

ひとりで悩まずにぜひ一度ご相談ください。

私たちはこれまで悩んでいる方々を本当に良くしたい、笑顔にしたい。
ただそれだけをひたすらに思って全力で走ってきました。

きっとあなたのお役にたてると思います。

 

 

ではさらに
症状について
詳しくみていきます

↓

なぜ、どこに行っても良く
ならない坐骨神経痛が
根本改善するのか?

 

他で良くならない理由

腰

坐骨神経痛を感じられ、3か月以上経過しても、痛みやしびれが改善しないなら、もしかしたら、今受けられている施術が間違っています。

坐骨神経痛と聞くと、治りにくく、重症みたいなイメージをお持ちの方が多い印象ですが、坐骨神経痛は、実は治りにくい症状ではありません。

もし、坐骨神経痛を発症してから、3か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、痛みがあまり変わっていなくて、むしろひどくなっているというのであれば施術の方法が間違っている可能性が高いです。

坐骨神経痛は正しく対処すると、施術を受けたその場で痛みが軽減したり、痛み止めの注射や薬を使わなくても、痛みやしびれが改善します。

もし、あなたが、数か月も、数年も坐骨神経痛に悩んでいるのであれば、今から下記の治療方法を現在行っていないかチェックをしてください。

そして、行っているのであれば、今すぐ中止することをおすすめいたします。良かれと思って行っている治療が、逆に体の治癒力を妨げて治りづらくしてしまいます。

こんな治療法は坐骨神経痛の治りを妨げているいます!

  1. コルセット
  2. 電気治療(低周波治療、干渉波治療、超音波治療)
  3. マッサージ、指圧
  4. 湿布、痛み止めの薬
  5. 注射
  6. 手術
  7. ストレッチ

これらの治療は果たして本当に有効なのでしょうか。当院では、来院されたすべての患者さんから、必ずこれまでの治療歴を詳細に聞いています。

当院で治療を受けられる坐骨神経痛の患者さんは、

「いくつもの病院、マッサージ、整骨院にも通いました。それでも痛みがなくなりません・・・」

「もう、ビリビリとしびれて痛くて歩くこともままならないです・・・」

とあらゆる治療を試したけど治らず、藁をもすがる想いの重症の患者さんも来ています。

当然、医療機関や治療院の指導どおり、上記のような治療を数週間も、数か月も続けたにも関わらず、症状が思うように改善されなかった方たちです。

さまざまな患者さんを診てきて、むしろ上記のような治療を繰り返してきた患者さんほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して治りづらくなっていることが分かっています。

特に、痛みをともなうマッサージやストレッチは、坐骨神経痛の症状を著しく悪化させる原因となるので、見直していただくことをおすすめしています。

残念ながら現代医学では坐骨神経痛に対しての確固たる治療法はまだ確立されていません。

「なぜ坐骨神経痛になるのか?」という原因すら、医師や治療家によって見解が違います。

当院には、複数の病院、治療院を回ったにもかかわらず、3か月以上改善せずに、わらをもつかむ思いで来院される患者さんがたくさんいます。

そして、私はその度に患者さんの症状歴、治療歴を詳細にお聞きしていますが、医師や治療家の先生方の、坐骨神経痛に対する考え方のあいまいさなゆえに、症状を悪化させている治療方法には驚かされます。

これまで、あなたの症状に対して「何とかしてあげたい」と思って治療してくださる先生方の努力が、気づいたら、かえってあなたの症状を悪化させているケースもあります。

患者さんの症状に対する考え方の甘さも症状の悪化につながっています。

「注射を打ったらよくなるんですけど、時間が経つとまた元に戻ってしまいます。」という話をよくお聞きします。痛み止めを打って痛みが楽になるのは、治っているのではなくて、痛みが一時的にマヒしているだけです。

例えば、虫歯で歯が痛い人に、麻酔を打つと痛みを感じなくなります。それは虫歯が治っているのでしょうか?

もちろん麻酔を打っているから痛くないだけなのですが、それを「虫歯が治った」と勘違いをして、虫歯の治療をしなかったら、どんどん虫歯がひどくなってしまいますよね。注射の効果が切れたころには、もっと痛みがひどくなっているかもしれません。

坐骨神経痛の注射も同じです。目先の痛みやしびれが楽になればいい・・と思われる方は、数週間に一度、病院にいって何年もの間、注射を打つことも一つの選択肢でしょう。しかし、痛みがないことを「治った」と勘違いして、負担をかけてしまうと、坐骨神経痛を慢性化させてしまう可能性があります。

 

 

症状についての説明 

腰

坐骨神経痛がどんなものなのかを、患者様ご自身が、正しく理解しないと治りません。

坐骨神経痛を早期に回復させるためには、坐骨神経痛が一体どんな症状なのかを知っておく必要があります。

坐骨神経痛の症状もよく分からないまま、やみくもに治療をつづけると、効果がみられないばかりか、お金も時間も無駄にしてしまいます。

お尻から足の後ろ側、膝から下の外側、足先にかけてあらわれる痛み、しびれ、麻痺などの症状のことを「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉です。

何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

坐骨神経は、レントゲンやMRIを撮っても、うつらない組織のため「何も異常はありません」という坐骨神経痛の患者様もいます。

下の図を見てください。

 図

坐骨神経痛は、この「坐骨神経」が、どこかしらで圧迫を受けることでしびれや痛みが出てきます。そして、坐骨神経痛で苦しんでいる患者さんに共通して起きている原因があります。

  • 筋肉が硬くなる生活習慣
  • 「座りっぱなし病」「歩かない病」

により、坐骨神経に圧迫を生じているということです。

そのため、治療は、しびれを起こす神経の通り道の硬くなっている筋肉を柔らかくすることのみならず、生活習慣の改善もが必要なのです。

「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎分離症」「腰椎すべり症」など脊椎に問題があり、仮にその症状が坐骨神経に関係している状態でも問題ありません。当院では、それらの症状に対しての症例もあり、脊椎周辺の筋肉の柔軟性が取り戻され、生活習慣の改善が図れれば、症状は改善していきます。

もう一度まとめると、坐骨神経痛の改善には、

  • 筋肉の柔軟性
  • 生活習慣の見直し

が大切で、しっかりと「原因」にアプローチしていけば、怖くなく改善していきます。

「坐骨神経」を筋肉が圧迫してしびれを起こしたり、硬くなった筋肉そのものが痛みを起こしているということです。

つまり、坐骨神経痛の痛みの原因はこの硬くなった「筋肉」にあります。

だからといってストレッチで、おしりの筋肉を柔らかくしようとは思わないでください。

痛みがあるときにガマンをしてストレッチをつづけると筋肉が抵抗をして余計に硬くなっていきます。ストレッチをしている時にその筋肉を触って見てください。パンパンに硬くなっています。この硬さがしびれを悪化させてしまうのです。

 

 

原因

腰

坐骨神経痛だと思って病院に行ったとしても、病院では原因がはっきりと伝えられないことが、非常に多いです。そもそも、腰痛は約85%が原因が特定できないと言われています。これを非特異性腰痛と言います。

では、原因を特定できる原因は何でしょうか?原因が特定できる中で一番多いのは、「腰椎椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」、「梨状筋症候群」です。

 

原因1

坐骨神経痛の原因に最も多いのが「腰椎椎間板ヘルニア」と言われています

<メカニズム>

腰部の骨は、椎体と呼ばれる骨の部分と、その骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があります。椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれる構造されていますが、これが、何かしらの力学的な負担を強いられると、正常な位置から外に飛び出してしまいます。この状態を「ヘルニア」といいます。しかし、椎間板自体の弾力はゴムのように柔らかいために、少々の飛び出しでは、直接神経を圧迫することはありません。

では、なぜしびれという状態を生み出してしまうのでしょうか?

それは、長く正座をして立ち上がった際に起こるしびれと、メカニズムによく似ています。正座をした際に足がしびれる理由は、おしりから足に続く神経(坐骨神経)が、体重の重みと引き延ばしによって神経伝達に異常が生じます。

これと同じように、腰椎の土台となっている仙骨という骨盤の中央に位置する骨が、重力や体重によって傾きが生じると、その上の腰椎も合わせてバランスするために、神経は引き延ばされ、正座のごとく引っ張られ、しびれにつながります。

<病院では・・>

病院ではレントゲン検査、CT検査、MRI検査によって、腰椎椎間板ヘルニアという病名がつきます。患者さんの今の症状、画像による形状で評価されることがほとんどで、なぜ、腰椎椎間板ヘルニアになったのか・・までは診ません。

 

原因2

腰部脊柱管狭窄症と分類されるもの

<症状>

安静にしていると痛みやしびれといった自覚症状はありませんが、歩き出すと、おしりから太もも、ふくらはぎから足にかけての痛みやしびれが現れます。そのために長い距離、時間を歩けなかったり、2~3分程度休憩すると歩けたりということを繰り返します。このような症状は間欠性跛行と呼ばれ、脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

<メカニズム>
背骨の中を神経が通る道(脊柱管)が、腰椎の変形などによって狭くなり、脊柱管内の圧力が高まった際に、変性変化した脊柱管内の軟部組織が骨盤内部を通る神経や血管を引っ張ることで症状が発生します。
変形の原因としては、普段の生活習慣や過去のけがなど、持続的な内部に対する力学的刺激です。症状が発生していないプロスポーツ選手にもこういった視覚的変化を画像で読み取ることが出来ます。この場合、必ずしも症状が出るとは限らないようです。一般的には、年を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりするため、このような狭窄が起こりるのです。

腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。同じように脊柱管内が狭くなっていても若い世代に症状があらわれにくく、中高年に出やすい理由は、脊柱管内の細胞の水分量の低下、脱水が挙げられます。どういうことか申しますと、赤ちゃんは体内水分量は80%近くで、80歳を過ぎた方では60%の水分量になることが分かっています。
分かりやすく言うと、若年層の水っけの多さがシワや水弾きの違いを考えると、理解に難しくないと思います。その差は、目には見えない身体の中の細胞のミイラ化・・・つまり細胞内脱水状態です。

細胞内脱水の主な原因としては、各種栄養素によるものとも言えますが、同じ高齢者の方でも細胞内脱水のなる人とならない人の違いとして、その年齢までの活動量や歩行量に比例しているのではないかと考えられます。その点からも、正常な歩行、身体の動作を若い時のように近づけていくということは意義があると考えていくと、そのメカニズムに不自然さはないでしょう。
正確には、脊柱管狭窄症の主症状である間欠性跛行という休んだらよくなるというものは、血管に対する障害による痛みであるので、必ずしも脊柱管が狭窄したことによって坐骨神経痛が出るとは限りません。同時に坐骨神経症状が現れることがあるという程度です。

<病院での判定>
MRI検査で判断できることが多いようです。MRI検査ではっきりできない場合や手術が決まって詳細に検査する場合には、腰椎に針をさして造影剤を入れて脊髄造影という検査を行うこともあります。

 

 

当院での改善法

施術

「これだけやっておけば大丈夫」ということは、人の体においては多くはありません。それだけに当院で行っていく改善方法の第一歩は、あなたの生活環境や過去のけが、病歴、スポーツ歴、仕事環境、交通事故歴など、今の身体を作っている歴史を把握させて頂くことから始まります。

次に、疾病形成因子という、本来あなたの持っている改善しようとする力、自然ち癒力を妨げている力を取り除いていくことを一緒に考えていきます。要は、自分で自分の体を壊さないような生活習慣に見直していくということです。これは、ご自分で気がつきそうで動作の意味や体に与える影響を、人間工学など、動作解析に基づき考えていく必要があるため非常に重要な意味があります。

また、すべて一度に覚えることや変えていくことはとても難しいです。なぜなら、あなたが長年当たり前としてやってきたこと・考えてこと・取り組んできたこと・良かれと思って続けていたことであるからです。ですので、これは慎重に出来るところ、やれるところからひとつずつ取り組んで頂きやすいことから提案していきます。

 

<坐骨神経痛に対する直接的アプローチ>

狭くなった脊柱管内の圧力が上がり、痛みが出ていると判断されれば圧力の除圧を考えてアプローチ。これは、脊柱全体の連動した捻じれや縦の動き、横の動きが出るようにしていきます。そのために必要なことは、背骨全体が一体となって大きく動くために土台となる骨盤(特に仙骨)の動きや傾きが重要です。

この動きの改善のためには、ズレや歪みを見るのではなく、関節している部分を正常に動かせるように改善していきます。これを潤滑させるといいますが、この潤滑状態が作られた上で、防御反応として固くなってしまった筋肉、それらを機能的につなぐ関連する筋肉、筋膜といった部分にも動きの制限に繋がっているのであればそれらを解除していきます。
時間経過が経つほどに、おしりまわりの筋組織や椎体にある軟骨などの柔らかい組織は変性といって元の状態とは違った組織変化を起こし、回復まで時間がかかります。

組織再生のために、その働きが必要とされると形も修復されるという生物全体の生の法則:要不要の法則にしたがい、『機能を要請する』目的で栄養面のアドバイスや、身体を作るもととなる必要な生理的で安全な運動を行っていきます。

また、これらは、アドバイスの中に組み込まれているため、来ていただいている時に行うものもあれば、ご自身で取り組んでもらうものまで合わせると、160種類以上のバリエーションがあります。それらを補助的に行いつつも、実際の施術中心に体力や変化量・ほか症状との兼ね合いに合わせた必要量に応じて選んでいく、患者様の症状、年齢、可能な通院頻度を勘案し、オーダーメイド的施術を行います。

ひとりひとりに合わせて、やり過ぎず、足りなくないよう良く良くお話しを聞き、体の状態を重力変化から見つけていくので、

「整形外科、接骨院、整体院・・・に通ったが、なかなか改善しない。いつまでかかるか分からないし、良くなる気がしないので、あきらめ気分・・」

こんなふうに思われていても、お一人お一人をあなたの『歴史』から今を探り、施術し、悪くする要素を排除していくので、今より良くなって、仕事や家事でバリバリ動ける姿をみんなに見せて、自慢してやりたいと思えるのなら、是非一度、いらしてください。誰でも本気になればきっと改善できます。

今度はあなたの番です!
あなたにお会いできる日を楽しみに待っています!

 

 

料金

 

坐骨神経痛 専門改善
プレミアムコース】

1回8,500円

 

↓

 

 10月30日までに
\ご予約の方に限り/

 

初回90分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 1,980円(税込)

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと2名

 

tel:0486679999 予約フォームLINE マップ

 

 

同業推薦バナー

 

 

良くある質問

 

Q施術は痛くないですか?

基本的には、無痛です。当院の施術は、強く押す施術、バキバキ音のする施術以外のあらゆる技術を用いて、お体の改善を後押ししていきます。

 

Q整形外科、整骨院、接骨院、マッサージなど、どこに行けばいいか分かりません。

まずは、当院にご連絡ください。どの選択が一番患者さんにとって良い選択かを考えて、ご提案いたします。

いち早く整形外科の受診が必要な場合がございます。当院は、整形外科と連携しておりますので、すぐにでもご紹介できますので、ご安心ください。

 

Qどんな服装が良いですか?着替えはありますか?

当院は、運動療法を多く取り入れていますので、基本的には動きやすい服装をおすすめいたします。

また、歩行チェック、姿勢チェックを行う場合がありますので、その際には、前もってお伝えいたします。

会社帰り、お出かけ帰りの方には、動いやすい服装を当院で準備してありますので、遠慮なく、お申し付けください。

 

Q 長年色々と回って良くならない症状でも見てくれますか?

はい!もちろんです!

当院は、そのような患者さんのほうが多いです。どうぞご安心してお越しください。

なぜ、何人も回って改善しなかったのかを、患者さんと一緒に考えて、二人三脚で施術行っていきます。

 

Q予約は必ず必要でしょうか?

当院は、お待たせしない、密にならないようにするために「完全予約制」となっております。

当院にお越しいただく際には、お電話、メール、LINEなどで事前に必ずご予約していただけますよう、お願いいたします。

 

 

当院が選ばれる
8つの理由

 

初回はたっぷり90分!まずはじっくりお話を伺います。

カウンセリング

症状についてだけではなく不安なことや心配なことなど、何でもお聞かせください。お客様の事を知らずに施術をしても改善には至りません。当院では細かい部分までしっかり聞いてから施術を行います。

 

 

②正確・精密な検査で本当の原因を見極めます

検査

バランス検査・姿勢検査・歩行分析など、様々な角度から正確な検査を行い、身体の不調を引き起こしている根本的原因を見極めます。

 

 

③施術者は全員が国家資格を取得済!豊富な臨床経験を活かした整体技術

施術

当院では国家資格を持った施術者のみが担当。のべ6万人を感動させた整体技術をぜひご体感ください。

 

 

痛みを感じない身体に負担を掛けない施術です

施術

当院ではバキバキ骨を鳴らすような施術は行いません。無理な負担をかけず身体を回復させていきます。

 

 

健康な状態を維持するサポートも充実しています

アフターケア

普段の歩き方や栄養・生活習慣の改善など、症状やお身体の状態に合わせて段階ごとにセルフケアの指導も行っています。院にお越し頂かなくてもLINEなどで相談も承っています。

 

 

⑥当院の施術は痛みの改善以外にも様々な効果が期待できます

施術

痛みやシビレの改善のほか、「姿勢がよくなる」「歩けるようになる」「数年後に痛みが出ても自身での対処法がわかる」「健康になる」「毎日の活力がつよくなる」「痩せる」などの効果が期待できます。

 

 

⑦当院はお客様を家族のように思って大切にします

説明

痛みや不調でお困りの方々を「本当に良くしたい」「笑顔を取り戻してほしい」という想いで日々施術に当たっております。だからこそお客様に家族のように寄り添い、一つ一つの会話を大切にしています。

 

 

⑧日進駅から徒歩4分/駐車場も完備!

外観

JR「日進駅」から徒歩4分と駅近で無料駐車場もございます。遠方からも沢山の方がご来院されます。

 

 

料金

 

坐骨神経痛 専門改善
プレミアムコース】

1回8,500円

 

↓

 

 10月30日までに
\ご予約の方に限り/

 

初回90分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 1,980円(税込)

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと2名

 

tel:0486679999予約フォームLINEマップ

 

さいたま市北区・日進で整体なら「けやき接骨院」 PAGETOP