「けやき接骨院」で痛みを根本改善へ

手塚 和人(てづか かずと)

施術保有資格・認定・習得:柔道整復師 日本KTテープ協会認定セラピスト 療術師

得意な施術:「歩く力の回復」×「骨盤調整」を行い、「人らしさの回復」を図ります。そして腰痛、膝痛などあらゆる疾患に対応していき、根本治療、生活の質の向上、永続的な健康を目指します。

 

お客様へメッセージ

検査患者様ファーストを第一に、患者様を家族のように思う接骨院、けやき接骨院 院長の手塚和人(てづかかずと)です。

私は、1970年8月1日の午後12:50、とてもとても暑い日に、両親の実家がある栃木県今市市(現 日光市)の病院でうぶ声を上げました。世界的なに有名な観光地、日光市で生まれました!と言えばカッコいいのかもしれませんが、数日で大宮市に戻って来ましたので、大宮生まれと公表しています。

家族構成は、国鉄マンの父、ふつうの母、三つ年上の兄の4人家族で、2012年に友人の紹介で知り合った妻と結婚し、現在は元気いっぱいの小学2年生の息子と0歳の娘のお父ちゃんです。

小さい頃の夢は、国鉄マンの父の影響もあり、電車の運転手でした。自宅にはいつも時刻表があり、日本地理のほとんどは、時刻表で覚えたのを記憶しています。

スポーツは、小学校4年生から、まわりの友達の影響で、野球(リトルリーグ)をはじめました。始めたのが遅かったのもあり、まわりに追いつこうと必死にボールを追いかけ、最後は大宮代表にも選ばれ、楽しかったリトルリーグ生活でした。その後はシニアリーグにもすすみ、野球漬けの中学生生活でした。高校では、城西大学付属川越高校に進み、ここでも野球部に所属しました。3年生の春の大会で県ベスト8に進み、夏の大会ではシード校になるも、初戦敗退。今でも悔しい過去のひとつです。

大学生活は、野球に対する燃え尽き症候群もあり、野球はしなかったのですが、大学卒業後に入部したクラブチームの監督さんが接骨院の先生でした。ふつうにサラリーマン生活をしていたのですが、その監督さんの仕事を見ていて、「患者さんに喜ばれる、人のために尽くす、こんなに素晴らしい仕事を私もやってみたい!」と、いつのまにか思うようになり、一度しかない人生と思い、今の道に進みました。

資格取得後は、プロゴルファーのトレーナーとなり、一流選手のケアを担当しました。プロゴルファーは体ひとつで賞金を稼ぐ仕事のために、非常に緊張感のある仕事でした。目の前にいる選手を集中してケアにあたるという経験は、今も大変生かされているものと感じています。

その後は、さいたま市にある整形外科に勤め、そこでは1日に200名の患者様が来院していました。毎日目の回るほどの忙しさでしたが、ひとりひとりの患者様を家族のように丁寧に治療にあたるという先輩方の指導もあり、充実した整形外科勤務を送ることができました。ここでの経験も、今では大変生かされていると思います。

 

けやき接骨院を開業

カウンセリングそして、2009年5月8日に、ここ日進にて、けやき接骨院を開業いたしました。今年で開業12年となりました。これも、家族のみならず、患者様に支えられてきたからこそ、迎えられた時間です。おかげさまで、地域に根付いた接骨院として、患者様からの「楽になったよ!ありがとう!」の言葉に支えられ、私の原動力になっています。

この世界に入り、20年経ちました。診てきた患者さんは6万人を超えました。これまで経験させていただいた、治療家としてのスキルすべてを、患者様が良くなることへすべてをご提供させていただき、みなさまが、この先、10年後も20年後も、笑顔で元気に過ごせるように、けやき接骨院は、全力でサポートしていきます。

これからもずっとよろしくお願いいたします。

 

 

澤口 侑依(さわぐち ゆうい)

澤口侑依と院長

保有資格・認定・習得:整体師

施術メニュー:「歩く力の回復」×「骨盤調整」が得意です。人間本来の機能である「歩く」ことを大切にしています。

 

 

お客様へメッセージ

こんにちは!

“元気で笑顔で!”をモットーに、運動指導を担当いたします、澤口 侑依(さわぐち ゆうい)です。

皆様には、女優さんの 沢口 靖子 さんで覚えていただいています(^^♪

精神的な面からでも、お体のバランスが崩れてしまうこともあるかと思います。患者様皆様が、心から健康になっていただけるよう、ご不安、ご心配の寄り添い、良くなっていただけるよう、精一杯サポートしていきます!

私は、1987年1月26日に秋田県の病院で生まれました。その後すぐに、埼玉県に来まして、ここ日進町で育ちました。

家族は、父、母、私の3人家族です。その後、訳あって20歳まで母と暮らしていました。

現在は、小学生からの幼なじみの夫と1歳の男の子の3人家族です。

幼い頃から音楽が大好きで、エレクトーンを習っていました。小学5年生からは、吹奏楽部に所属し、初めはフルートとピッコロを担当していました。中学生でも吹奏楽部に所属し、ここで、ドラムを担当しました。高校は、大宮光陵高校書道科に進学し、吹奏楽と書道の両立に大苦戦しましたが、書道では、文部科学省硬筆書写検定2級、毛筆書写検定2級を取得し、吹奏楽部では打楽器アンサンブルコンテスト全国1位を受賞しました。とても大変でしたが、努力は必ず報われるものだな・・と感じ、経験でき、充実した高校生活でした。

社会人になってからは、主に接客業をやっていました。ここで、人と接することの楽しさを経験できました。バーテンダーをやったり、店長を任され、経営に携わってみたり、貴重な経験をさせてもらいました。

ひと通りの体験、経験をしてから、ふと自分の将来を考えたとき、自分の家族をもちたいな・・と思うようになり、30歳で結婚することとになりました。

夫はヘルパーから、現在は福祉用具相談員の仕事をしていた関係で、私も介護という仕事に興味を持ち、介護職員初任者研修の資格を取得し、特別養護老人ホームに勤務しました。が・・腰がまっすぐに伸びないほどの激痛に見舞われ、日々、痛み止めの薬を服用しながら、仕事をしていました。利用者様の笑顔に勇気づけられながら、日々、乗り切ることができました。

ただ、腰痛は続き、病院の診断では、腰椎椎間板ヘルニア・・・。限界まで我慢してきて、続けたかった介護のお仕事が続けれらなくなりました。

実は私は、けやき接骨院の元患者です!病院では治らなかった腰痛は、院長の手塚先生に診てもらい、治療だけではなく、おうちでできる体操、日常生活の気を付けなども教えてもらい、少しずつ改善していき、今では産後も腰痛はなく生活できるようになりました。

そんな中、手塚先生に勧められて、けやき接骨院で働くようになりました。

介護の仕事をしていた時に励まされた利用者さんの笑顔、自分も痛みから解放された嬉しさを糧に、同じような悩みを持って悩まれている患者様にも、健康で元気で楽しく日々を過ごせるように、精一杯サポートしていきたいと思います。

小さなご不安、ご心配はなんでもお話ください!  よろしくお願いいたします!!

 

さいたま市北区・日進で整体なら「けやき接骨院」 PAGETOP